施設のご案内

その膝の痛み…お皿(膝蓋骨)が原因かもしれません!!

2019.10.11

立ち座りや階段昇降で膝が痛い。膝周りが腫れぼったくて屈伸しにくい。
そのような痛みは、膝蓋骨が膝の骨とこすれて生じている痛みかも知れません。時期に合わせた運動を行うことで改善する場合がありますので、今回掲載させていただきます。

<どんな症状が出るのか?>
◯膝の痛み・腫れぼったさ・熱感
◯ジョギングや階段昇降での膝蓋骨周囲の違和感や痛み
◯椅子から立ち座りする際の膝蓋骨周囲の痛み
◯膝蓋骨の引っかかり感や、膝の屈伸運動でゴリゴリ音がする

<なぜお皿が原因で痛くなるのか?>
以下の原因によりお皿の位置がずれた状態で運動をすることにより生じる
○太もも前の筋肉の硬さと弱さ
○お皿周囲の硬さ
○お尻の筋力が弱く内股になってしまう
○扁平足による内股

<どんな治療や運動をするのか>
○痛みが強い場合→サポーター装着や痛み止め服薬、物理療法(電気、レーザーなど)
○太もも前の硬さや弱さ→ストレッチや筋力トレーニング
○内股・扁平足→お尻のトレーニングや足裏のトレーニング、ふくらはぎのストレッチ
上記の治療を行い痛みが落ち着いてきたら…
○スクワットや自転車エルゴメーター、階段昇降など

膝の痛みに悩まされている方やあきらめかけている方は、もう一度整形外科を受診してリハビリを行ってみてはいかがでしょうか?



Copyright© 2017 TOKIWA SATOH Co.,Ltd. All Rights Reserved.