熱中症について

熱中症の症状とは?
熱中症を引き起こす気象条件は、 気温が高く日差しがきつくて、風が弱い時 です。
そのような中で激しい運動をしたりすることで、体の中にたくさん熱がたまっていき、
水分や塩分が失われ、体の中の熱を外へ放出する機能が低下することで引き起こします。
特にこの体温調節機能がうまくいかない乳幼児や高齢者は熱中症になりやすいと言われています。
乳幼児や高齢者だけでなく、体力がある成人でも、疲れがたまっていたり寝不足だったり、
病気をしていたり、体力が低下しているときは起こりやすい状態になるので注意が必要です。
では、熱中症になると、どんな症状があらわれるのでしょうか?
初期段階
• めまいや立ちくらみ
• 筋肉の痛みや筋肉の硬直が起こる
• 大量の汗が出る
その後
• 頭痛がする
• 気分が悪くなって吐き気、嘔吐
• 体がだるくなって力が入らなくなる
などの症状がでてきます。
更に悪化すると、体を触ると熱く感じるほどの高温になり、意識障害が起こって、
手足が痙攣したり思うように動かせなくなったり、呼びかけたり刺激を与えても反応がなかったり、
意識はあってもまっすぐ歩けなかったり走れなかったりするようになります。
気をつけなければならないのが、 軽症のうちは体温が上がらないこともあり、
気づかないうちに重症化してしまう事がある ということですね。
体の状態をよく観察して当てはまる症状があれば、
涼しい風通しの良い場所で早めに休むことが大切ですので是非心に留めておいてください。
熱中症になったらどうすればいい?応急処置の仕方は?
では、熱中症になってしまったらどのように対処すればいいか?
まずはあわてず体の状態を見極めましょう。
本人の意識がはっきりしていなかったり、自分の力で水分や塩分が取れない時や
時間が経過しても症状がよくならない時は
すぐに医療機関を受診することも忘れてはいけません。
それでは具体的な応急処置の方法をご案内いたします。
応急処置のポイント!
・まず風通しの良い場所や、冷房の効いた室内などへ移動させる
・衣服を緩めて風通しを良くする
・水分や塩分をしっかりと補給する
・めまいや倦怠感、むかつきや嘔吐、頭痛のある時には、イオン飲料や経口補水液を補給!
・体に水をかけたり、冷たい濡れタオルを当てて体を冷やす。

意識がはっきりせず、呼びかけに答えられなかったり
刺激への反応が鈍かったりなどの症状があるときは、医療機関を受診する必要があります。
何か気になることがありましたら、いつでもご相談下さい。

出典・季節の病気ナビ