成長痛はスポーツを休まないと治らないの?

小中学生に多く見られるスポーツ障害に“成長痛”があります。膝の下が痛むものをオスグッド病、かかとが痛むものを踵骨骨端症といいます。

【原因】

主な原因は筋肉が硬いことですが、成長期であること、すなわち骨が未完成であるためにすねの骨やかかとの骨、その周囲が痛くなります。筋肉が硬くて伸びないため、関節を動かすたびに筋肉と骨との接合部分が引っ張られ、炎症を起こしてしまうのです。また姿勢不良も要因の一つと考えられます。ネコ背や後ろ重心の姿勢になることで、太もも前側の筋肉(大腿四頭筋)やふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)にストレスが掛かり過ぎてしまいます。


成長痛

【対策】

筋肉の柔軟性を高めるため、ストレッチを十分に行いましょう。太ももの前後の筋肉(大腿四頭筋とハムストリングス)やふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)をストレッチすることで、膝やかかとのへの負担が少なくなります。また肩周囲や腰回りの筋肉、お尻の筋肉などもストレッチで緩めると、正しい姿勢を取りやすくなります。姿勢は習慣なので、椅子の座り方や歩き方など、日常から気を付けてみるのも良いでしょう。

10歳から15歳くらいの時期は身長が急速に伸びる時期です。そしてスポーツ選手としては身のこなしや様々な技術を習得できる大事な時期です。成長痛が疑われるときは、早めに整形外科を受診して適切な治療を行い、早期復帰を目指しましょう。またスポーツ活動の量や内容を見直し、痛む部位に負担が掛かり過ぎないメニューや他の部位の技術練習などに取り組む期間にして、スポーツを楽しむようにしましょう。

当院では、スポーツ専門のアスレティックトレーナーが運動指導やテーピングを担当していますので、ぜひ来院して相談してみて下さい。